情報通信NET

オススメの情報を更新していきます

カラコンとメイクは一体で

最近表に出て感じることのひとつに、カラコンの使い方がおかしな子が多いということがあります。

どんなことかと言うと、たとえば、黒目を大きく見せるデカ目系のカラコンを使っている人の場合、目が大きくなったり小さくなったりするのもおかしなことなので、大きな径のカラコンを使っている人ほど、当然日常的に常用するようになります。

これがクセものなのです。

口径の大きいデカ目カラコンを使う人は、普段ギャル系メイクをしている事が多いかと思います。

また、お気に入りのデカ目カラコンを買うことはあっても、口径を変えた複数のカラコンをストックするようなことはないでしょう。

でも、実際問題として、メイクはその日の気分やTPOによってさまざまに変わるものであり、決していつでもどこでもギャル系メイクということはありません。

一方のカラコンは、いつでもどこでもギャル系メイクに合わせた口径の大きなデカ目カラコンなわけです。

このQUNQUNというサイトは種類も豊富でオススメです!

ここまで書けば、もう言いたいことを理解いただいている方が多いと思いますが、デカ目カラコンを使っている場合には、その日のメイクにそのカラコン(というか目の大きさ)が釣り合っているのかも、充分気にかけた方がよいと思うのです。

先日も、どちらかといえば清楚ともいえるワンピースの女の子が、黒目だけ異様に大きいという状態で歩いているのを見かけ、本当にアンマッチだなとつくづく思いました。

カラコンはいつだってメイクと一体なのだということを、是非意識してもらいたいものですね。

Leave a Reply