情報通信NET

オススメの情報を更新していきます

居抜き物件での節税対策

居抜き物件を検討される方にとって知っておきたいのが原価償却です。
これを知っておくと節税やコストを削減する上で大変ためになります。

居抜き物件で内装や設備品を含めた店舗を一括購入すると、資産の増加によって税金が高くなります。
そんな時節税対策として購入と申告の方法で対処できるのですが、その際に知っておきたいのが原価償却なのです。

新規に開業するにあたって支払う初期費用ですが、この費用を原価償却することで経営を黒字に保つことがしやすくなり、そして設備の耐用年数内に資金の回収に務めるのです。
ですので税理士などに相談して、できるだけ設備品の正確な価値を割り出します。
これが節税対策につながるのです。

また買い取った設備品の耐用年数を割り出す理由として、償却期間をできるだけ短くするという目的もあるのです。
期間が長いと原価償却税の対象年数が伸びるためで、これはうまく対策を立てることで節税となります。
せっかく費用削減のために居抜き物件を選んだのに、いざ開店してみたら多額の税金を納めなければならなくなった、とおいうのではその後の経営にも響いてきてしまいます。
もちろん納税は義務なのですが、賢く節税することは経営者といて必要な能力なのです。

新規に開業するということは、多かれ少なかれ落ち着いた経営まで時間がかかるものです。
ですから節税するということはとても大切であり、もしあまり詳しくないようでしたらコチラのサイトや専門家に相談することをお勧めします。

 

 

Leave a Reply